スポーツに打ち込んだ経験のある人なら

すぐに分かるでしょうが、

どんな競技にしろ

毎日必死になって練習をしても

練習の成果はなかなか出てきません。

 

それがある日を境に、

目に見えて成果が出てきます。

 

スポーツの世界では

「コツをつかんだ」

ということになるのでしょうが、

これは全てのことに

当てはまる現象と言われています。

 

努力がそのまま成果に

比例されるなら問題はないのですが、

努力と成果の関係は

「成功曲線」と言われる

二次曲線となっていることが

多いようです。

物事がスタートして一定期間は

ほとんど成果は出てこないのが普通です。

 

グラフにするとずっと

底をはっている状態です。

それがある一定期間を過ぎると突然、

成果が出てきます。

グラフで言うといきなり

弓なりになって伸びていきます。

やればやっただけ成果が出る、

直線的に伸びていくのならいいのですが、

どういうわけかそうはなっていません。

 

そのため多くの人が

スポーツにしろ、

さまざまな習い事にしろ、

もっと言えば仕事においてさえも、

最初の成果が出ない時期に

投げ出すことが多いのです。

習い事なら三日坊主と

笑っていられるでしょうが、

仕事ではそうもいきません。

 

何をやっても成功しない、

芽が出ないということを

よく聞きますが、

それは必ずしも本人の

努力不足ではなく、

成果が出る直前に

あきらめていることが大半です。

これほどもったいないことはありません。

 

もう少しの我慢が

成功につながります。

 

 

初回無料相談は↓

http://1af.jp/zerocon/