<いくらの物件が買えるのか?を考える>

 

こんにちは!

ファイナンシャルプランナー

の富田です。

 

 

 

今回は、

無理なく買うことができる

物件選びについて、

考えてみましょう。

 

 

 

まず考えたいのが

毎月の返済額です。

 

 

 

現在の家賃+住宅購入のための

積立金−住宅購入後の維持費

=無理なく払える返済額

となります。

 

 

 

これが一つの目安となります。

 

 

 

ここで算出された金額を元に

借りることができる金額がわかります。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

例えば、

現在の家賃 )10万円

住宅購入のための積立金)5万円

住宅購入後の維持費)3万円

=

無理なく払える返済額)12万円の場合。

 

利息3%

期間30年として計算すると、

(※借入可能額の計算表があるので、

 ファイナンシャルプランナーに

 たずねてみてください)

借入可能額は、2,850万円

になります。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

そして

借入可能額がわかったら、

買える物件額の目安がわかります。

 

 

 

計算方法は以下です。

 

 

 

借入可能額+頭金−諸費用=

買える物件額の目安

 

 

 

ただ、ここで注意したいのは

住宅ローン負担について。

 

 

 

年収に占める住宅ローンの割合を

返済負担率といいます。

 

 

 

人によって差はありますが、

この返済負担率が

25%を超えないように

した方がいいです。

 

 

 

最後までお読みいただきまして、

ありがとうございます。

 

初回無料ご予約は↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSazbGgy