<住宅購入を検討中の方へ>

〜家を買うのにかかるお金〜

 

こんにちは!

ファイナンシャルプランナー

の富田です。

 

 

 

今回は、

住宅購入にかかるお金について

考えたいと思います。

 

 

 

“家を買う”

と言うと、よくチラシや

Webなどで公開されている

数千万円の金額が

頭に浮かぶと思います。

 

 

 

実際には、

家そのもののお金(物件購入)

だけでなく、

諸費用がかかります。

 

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

諸費用には

どんなものがあるかというと

 

・固定資産税精算金

・不動産取得税

・火災保険料

・地震保険料

・登録免許税

・管理費

・ローン手数料

       などです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

これらは、

物件価格の3〜10%

(新築と中古で差があります)

と物件価格にプラスで、

考えておくとよいでしょう。

 

 

 

また、住宅を購入するにあたり

よく質問を受けるのが、

頭金はどのくらいを

考えておくといいのでしょうか、

というもの。

 

 

 

そもそも頭金とは

毎月の住宅ローンを

軽減する役割があります。

ですからなるべく、

頭金を多めにもってきたいところ。

 

 

 

とはいえ、

急なリストラにあったり、

病気になったりすることも

あり得るので、

貯蓄の全てを頭金に充てずに

緊急資金は確保しておきたいですね。

 

 

 

ちなみに緊急資金は

生活費1年分が目安です。

 

 

 

そのため頭金は、

貯蓄額−緊急資金

と考えるのが妥当です。

 

 

 

以上、

住宅購入にかかるお金についてでした。

 

 

 

ご自身の貯蓄額やライフプランから

大まかでもいいので、

住宅購入にかかるお金をイメージを

していただけると幸いです。

 

 

 

最後までお読みいただきまして、

ありがとうございます。

 

初回無料ご予約は↓

http://1af.jp/zerocon/